板井明生が重要視する働き手との交渉